石油ストーブの引っ越し

石油ストーブを移動するときは灯油に注意して

冬は電気ストーブで済ませているような地域もあるかと思いますが、石油ストーブが手放せない地域もあります。

 

ところでこの石油ストーブですが、引っ越しをするときにはちょっと厄介です。

 

石油ストーブは当然、灯油を入れて使用しますが、タンクに灯油が残ったままだと、引っ越しのときに運送を断られてしまうのです。

 

引っ越し業者は、荷物の中に危険物があった場合、その荷物の運送を拒否できることが法律で定められています。可燃性である灯油は危険物にあたるため、業者は断ることができるわけです。

 

石油ストーブそのものというよりは、灯油が厄介なのですね。

 

そんなわけで、石油ストーブを運ぶ場合は、事前に灯油をすっかり抜いておく必要があります。

 

移動できるタイプのストーブはタンクが着脱式になっていますから、タンクを抜き取って灯油をポリタンクに空ければよいでしょう。

 

アラジンストーブのようなタンク一体型のものは、灯油ポンプで吸い出します。ある程度空にしたら、ストーブを点けっ放しにして灯油を燃やしきります。自然に火が消えたら空になったサインです。

 

ポリタンク

 

タンク内に灯油があまり残っていない場合は、最初から点けっ放しにして燃やしてもよいでしょう。そのとき、洗濯物を吊るせば乾燥にも使えて一石二鳥です。

 

灯油を使い切ったらタンクの給油口とストーブの給油口に残った灯油を拭いておきます。ストーブ全体をゴミ袋で包み、箱に収納します。固定用の発泡スチロールを取っておいていたら、それを使って固定します。ない場合は箱の中で動かないように、隙間に新聞紙などをつめてください。

 

ポリタンクに戻した灯油は、ガソリンスタンドで引き取ってもらうことができます。オイル交換など自動車の整備も行っているスタンドであれば、量にかかわらず無料で引き取ってくれると思います。電話で確認してみてください。

 

一連の作業が面倒という方は、梱包を引っ越し業者に頼むこともできます。ただ、あまり石油ストーブを使用しないような地域だと、業者の方も扱いに慣れていないこともあるかもしれません。コツをつかめば難しくないですよ。この記事を参考に挑戦してみてください。