引っ越しの忘れ物

引っ越しのときの忘れ物

引っ越しのときの忘れ物、これは気がつくとショックですよね。引っ越し先が近くで、しかもすぐに気がついた、という場合は大家さんにすぐに連絡すれば何とかなるかもしれませんが、時間がたってしまうとそうもいかないですよね。

 

ところで、多くの方が忘れていきやすいもの、って何だと思いますか? やっぱりまぎれてしまいやすい小さいものや薄いもの? 実は意外なものですよ。

 

物干し竿、照明器具 何と、ある統計ではこの二つがダントツに多いのだとか。こんな大きなものを? と思ってしますが、でもわかる気もしますよね。物干し竿はベランダと一体化してしまいがちですから、洗濯物だけチェックして、かけてある竿を見落としてしまうのだと思います。照明器具も、忘れるのは床に置く方ではなくて天井の方ですね。最後に見回って、電気を消してそのまま部屋を出てしまうわけです。常に目の前にあるのに普段は意識しないものが忘れられやすい。真理ですね。

照明器具

工具類 荷造りや、器具の取り付け、取り外しなど引っ越し作業に使った工具をそのまま棚などに放置してしまうことが多いようです。またはまったく反対に、普段から使わないために、引き出しなどに入れっぱなしにして思い出さないまま退去、という方も多いとか。
掃除道具、お風呂用品 いろいろな洗剤、ブラシからソープディッシュのような備品まで、バリエーションがあって細かいものが多いのが特徴。小さなものを取りこぼしたり、逆に大きなものを放置したりしがちなので注意が必要です。

掃除道具

洗濯用品 こちらも細かい道具が多いですが、洗濯機のホース、取付金具など部品の忘れ物が多いようです。確かに、洗濯機は業者の方に取り付けてもらったらあとは気をつけないので、大事なものを忘れる可能性が高いですね。取り外しは業者にお願いするとしても、自分でも取扱説明書をのぞいておいた方がいいかもしれません。
リモコン 一番多い印象がありますが、皆さん気をつけるせいか、思ったほどは多くないようです。リモコンはラックやテーブルの上に単体で置いておくので、まぎれてしまったり、間違って処分してしまうこともあります。テレビやステレオのリモコンは当日の朝に本体に貼り付けるなどしておくと、紛失が防げると思います。

リモコン

 

この他には、自転車などもよく忘れているようですよ。大きいものも小さいものも、見落とさないように気をつけましょう。