近距離 引越し

妊婦さんの引越しの注意点と、らくらくパックについて

妊娠中は決して病気ではないので、悪阻(つわり)などがひどくなかったりすれば、引越し作業くらいできてしまう! 特に近距離引越しならお金ももったいないし…なんていう人もいるかもしれません。

 

が、普通のカラダではないことには違いなく、母体も、そしておなかの中の赤ちゃんも、しっかり大事に守ってあげる必要があるときです。ですからくれぐれも無理をしてはいけません。

 

たとえ、安定期であったとしても、引越し作業はかなり負担のかかる仕事。妊婦がダンボールを抱えるわけにはいきませんし、細かい日常用品を荷造りしていくのも、かなり手間とストレス、疲れの元になったりもします。無理がたたって早産などしてしまっては大変です。

 

妊婦さん

 

そんな大変な引越し作業、できればらくらくパックなど、荷造りをお任せ出来るようなサービスを利用することをオススメします。貴重品などは自分たちでする必要がありますが、その他は荷造りから荷解きまでしてもらえますし、カラダを動かすことなく、指示をしていれば大丈夫です。

 

「らくらくパック」を申し込んで、、引越し作業を「らくらく」すませるようにして、どうしても自分たちでやりたいことがあったら、ご主人にお願いするなどして、妊婦さんはゆっくりと!です。

 

同市区内や、同じ敷地内の引越しのように近距離であっても、らくらくパックはあくまで距離は関係ありません。梱包などの作業にかかるオプション費用ですので、気にせず利用しましょう。

 

引越し作業って、どうしても前屈みのままで片付けたり、高いところのものをとろうとしてしまったり、本当に危険がいっぱい。くれぐれも注意して、元気に妊娠生活を乗り切ってくださいね!新居ではじまる赤ちゃんとの生活、楽しみですね。