同じマンション内で引越し

マンションのイメージ写真

同じマンション・アパート内での引越しをしたいというケース。例えば1階に住んでいたけど、5階に空き部屋が出たから引越すことになった場合、自力でできるものなのでしょうか。

 

結論から言えば「できます」。が、運ぶ距離が少ないからとはいえ、大変なことには変わりありません。ダンボール箱だけなら、体力勝負で済みます。また、ちょっとした棚やイス程度なら自力で運ぶことはできますが、ソファや冷蔵庫、ピアノなどは自分で運べそうでしょうか。

 

また、マンションによっては、引越しや大きい荷物を運ぶ際には「養生」と呼ばれる作業が必要だったりするケースもあります。これは、エレベーターの中を、家具などで傷つけてしまわないように、あるいはマンションの廊下をすってしまわないようにシートなどで覆う作業です。共有部分だけでなく、もちろん、自分の部屋の玄関やフローリングを傷つけてしまわないように養生します。特に、大きな家具、背の高い家具、重たい家電などは、狭い廊下やドアを通すのにはコツが必要。慣れない作業ですので、そういうときはやはりプロの業者に頼むのがよいです。

 

トラックを使わない分、引越し費用は安くあがりそうですが、実際のところ作業に関わる人件費がかなり大きいので、「大幅に安くなる」とは一概に言えないようです。また、例えば広い敷地にある団地などで、端の棟から反対側の棟へ運ぶ場合には、大型トラックを使う必要があります。ですので、まずは相談して、見積もりを取ってもらいましょう。ダンボール箱や小物家電は全て自分たちで運んで、大きな家具・家電だけ運んでもらうという相談も可能です。これなら、かなり安上がりになると思います。ただ、荷物に傷がつくなど万が一の時にも、責任が曖昧になるので、業者にすべて任せるほうが良いかもしれません。

 

業者に頼んだり相談したりするのは億劫な面も確かにありますが、引越し作業はやっぱり素人では難しいです。気持ちよく出来るだけ楽に引越しするために、同じマンション・アパートとはいえ、色々検討してみるとよいです。

 

同じマンション、市内移動など、近距離の引越しを安くするなら、こちら!