CDやDVDの梱包

音楽・映画のソフトを大量に引っ越しさせるには

音楽や映画のソフト、つまりCDやDVD、ブルーレイディスクなどですが、持っている方はずいぶんたくさん持っていますよね。こういうディスク類の移動が大変なのは、ケースなどが壊れたり、傷ついたりしやすいためです。移動中にケースが割れるのはもちろん、クラックが入ってしまうのも避けたいですよね。

 

そうしたわけで、CD・DVD・ブルーレイディスクは、引っ越しのときに移動に気を遣うもの、苦労するものの上位に入るかもしれません。

 

CD

 

では、CD・DVD・ブルーレイディスクなど、ディスク類の梱包のコツを紹介しましょう。ディスクを梱包するときは「縦に入れる」、「小分けにする」、この2つがポイントになります。

 

安定感があるので、ついつい横積みにして箱に入れてしまいがちですが、これはプラスチックケースが破損する原因になります。運送中に箱を乱暴に上げ下ろしたりするとフタなど弱い部分に力が加わるため、割れる可能性が高いです。

 

破損を防ぐためには、ディスクは立てて箱に入れるのがおすすめです。エアキャップなどを底に敷き、ディスクを立てて並べます。途中、2ヵ所くらいにダンボール片を挟んで間仕切りを作ると、左右に揺れたときに間仕切りのところで力が逃げるので、より安心です。

 

ディスクは数が増えると意外と重くなってしまいますし、破損のリスクも大きくなるので、重ねて入れるのはおすすめしません。底に一段並べたら、上には衣類やクッション、ぬいぐるみなど軽いものを入れると、スペースが無駄にならないし、充填材にもなって一石二鳥です。

 

その際、ディスクの上にエアクッションをかぶせ、さらにダンボールの板を置くと、万が一箱が横倒しになったとき、中でバラバラになるのをある程度防ぐことができると思います。

 

前述のように、こうしたソフト類は重量がありますから、ダンボール箱は小さめのものを選びましょう。ダンボール箱を製造・販売しているショップでは、ディスクが20枚くらい入るサイズの、専用の収納箱を購入することもできます。

 

近距離 引越しを安くするには