地域密着型の引越し業者

地元に強い業者!

近距離での引越しを考える上で、ひとつポイントになるのが地域密着型の引越し業者です。

 

地域に根ざしているため、エリア内の引越しのノウハウが充実。テレビCMなどは行わず、ポスティングやチラシなど広告費も抑えて、その分がお客さんに還元されています。

 

アート引越センター、サカイ引越センターのようないわゆる大手に対して、地域密着型の引越し業者は、中小の業者で、元々地元の運送会社だったというところも少なくないようです。

 

こうした業者は料金交渉がうまく行けば、かなり安くなる可能性があります。逆に、サービスの効率化ができていないため、大手より高いケースもあります。ですので、大手も含めて見積もりをとって、しっかり比較するようにしましょう。

 

地域密着型の引越し業者のイメージ

 

もう一つ注意したのがサービス。大手のサービスは、細やかなところまで行き届いていることが多いものです。例えば無料でもらえる段ボール箱ひとつとっても、その頑丈さや使い勝手のいい大きさが考えられています。

 

地域密着型の中小業者の場合、サービスやオプションがどこまで有料かしっかり確認しましょう。

 

スタッフの質も業者によってまちまち。大手の場合はしっかりした教育システムがあったりしますが、繁忙期になると作業スタッフの多くがアルバイトだったりします。特に、忙しい時期だけ駆りだされた新人アルバイトの中には、重たい荷物を持つことに慣れていないことも考えられます。

 

地域密着型の場合、全員が社員や、長期アルバイトということもありますし、またその逆もあります。

 

料金面、サービス面、スタッフの質、全てにおいて、地域密着型の中小業者はまちまち。ですので料金だけで判断せず、こうした点も営業マンに確認するのがポイントです。うまくすれば、格安で近距離の引越しを引き受けてもらえるので、有効活用しましょう。