引越し 挨拶

一軒家なら向こう三軒両隣、マンションなら…

昔は引越しすれば向こう三軒両隣には挨拶に行くものでした。
ですが、最近は都心のみならず、地方の都市でもマンションやアパート住まいが増え、
ご近所との交流も減ってきています。

 

また治安も悪くなり、逆に若い女性が挨拶に行くのは、
防犯上良くない時代にもなっています。
そういった理由もあるため、引越ししたからと言って、
あまり広い範囲に挨拶に回って歩くことはないかと思います。

 

ですが一般的なマナーとしては、引越しをする場合には挨拶に行くのが常識です。
まずは、今までお世話になった大家さんやご近所への挨拶をします。
大きなトラックを数時間にわたって停めたりするなど、
引越しで迷惑をかけることもあるかと思いますので、ひと声かけておくとよいでしょう。

 

近所に迷惑をかける

 

引越し先での挨拶ですが、隣近所や大家さんには引越してすぐに、
あるいは事前に挨拶をした方が良いでしょう。
のちに影で言われるより印象が良いです。
一軒家に引越す場合は両隣と向かいの3軒には挨拶に行きましょう。
今後のお付き合いを考えると最低限の範囲です。
集合住宅なら両隣と上下に挨拶します。
小さな子供がいればうるさくなりますので、それも含めて挨拶しておくのが良いでしょう。
マンションの管理人さんはゴミ出しなどもみてくれますので、
やはりひと声かけておくだけでも違います。
大きなマンションになると管理組合などもあるので、
そのてんについても管理人さんや不動産屋に確認しておくと安心です。

 

なお、挨拶に行く場合の品物はタオルや洗剤など、
誰もが使える消耗品が喜ばれますし、無難でもあります。
あまり高い手土産を持っていく必要はありませんが、
何かあったほうが、自然でしょう。

 

おすすめ記事
近距離 引越しを安くするには